移民の増加が犯罪の増加につながっている事実

リヒテンシュタインは、ヨーロッパ西部の内陸に位置する国です。

スイスとオーストリアに囲まれた国であり、公用語にはドイツ語が使用されています。

1866年の独立以降、スイスと同じく永世中立国として非武装の国として知られています。

ヨーロッパの多くの国が立憲君主制が過去の物となるか形式的なものになる中、リヒテンシュタインにおいては、強い政治的権限を保持しているのが特徴となっています。

しかし、ながら他の国々と同じように、議会制の政治を行っており、いわゆる絶対君主制の国ではありません。

他の民主国家と同じく、法の整備が行われる立憲政治が行われているため、古い時代の絶対君主とは違うのです。

これらの法律は、リヒテンシュタインが辿ってきた歴史的な背景から民法は、オーストリアの方を基本としており、刑法はスイスの物を基本としています。

これらの法によって国が治められているのです。

国としての広さは、非常に狭いものであり、わずか16平方キロメートルしかありません。

そのため首都ファドゥーツとシャーンを中心に、3万人超の人口のみの小さな国です。

主要産業は、精密機械工業の他は、観光業と国際金融業等となっており、特殊な産業が発展しています。

タックスヘイブンでもあるため、外国企業が本社機能だけを置くペーパーカンパニーが非常に多く、その様な外国企業からの法人税が税収の4割を超えてるのが特徴です。

この様な環境にある国です。

従来比較的治安は、良いとされてきていますが、近年では工業や商業の発展に伴って、外国からの移住者が増えている影響もあって一般犯罪は増加傾向にあると言われています。

元々少人数の国であるということもあり、警察官の人数も限られているのが現実です。

様々な面でスイスの助けを借りているのが現実ですので、治安情報の情報に従い、必要最低限の用心を欠かさない様にすることが重要であると言えます。

一般的な防犯対策である多額の現金を持ち歩かず、分散して身につけると言う対策は重要です。

強盗などに奪われた場合、全てを失うことを避けるためには、必要な対応であると言えるでしょう。

治安情報としては、リスクの少ない国であるという判断になってはいますが、外国であるということを十分に理解して慎重な行動を心がけることが非常に重要です。

比較的安全な国であるというのは、事実であったとしても、絶対に安全な都市では、ないという認識を持っておくことは重要です。

移民の増加が治安の悪化につながっている事実は、リヒテンシュタインにもあります。