一人当たりのGDPは極めて高い水準にあり豊かである

リヒテンシュタインの経済状況を一口で説明するのは難しいですが、一般的には豊かな国であるという認識を持たれています。

その考え方は間違っておらず、一人当たりのGDPは、EUトップのルクセンブルクを超える水準であり、極めて高い水準にあるという現実があります。

この背景には、タックスヘイブンという制作による外国企業の誘致と、その租税減免措置にあると言われています。

このリヒテンシュタインという国は、人口は和図が35000人程度の小さな国ですが、その倍以上の外国企業が登記している状態が現在のリヒテンシュタインにはあるのです。

その多くは、ペーパーカンパニーですが、管理のために外国人が多く国内に住むことになります。

そのため国民の過半数が外国人であるという、かなり特殊な状況があるのです。

そのため、その様な外国企業からの法人税で国家の収入が潤っているというのが現実です。

この様な状態で国家が成り立つ背景には、この国の仕組みが立憲君主制であるということにも関係しています。

ヨーロッパの国の中には、王家が残っている国も少なくありませんが、現在でも政治的な力を強く持ったまま君臨している君主制を維持している国は殆どありません。

その様な意味でリヒテンシュタイン家の当主は、現代ヨーロッパの最後の絶対君主であると見ることもあります。

しかし政治は、議会制を敷いており、絶対君主制とは違うというのが真実です。

この様な特殊な状況を背景に、経済状況は好調を維持しています。

最近では、金融業の他に精密機械工業や観光業も盛んになってきており、この様な産業を支える人材の移住も多くなってきました。

しかし、この様なことを背景に治安の悪化も懸念されています。

元々タックスヘイブンは、租税回避のためであるという目的があり、脱税と紙一重の制度であることが問題視されてきました。

近年では、その様な状況を是正しようという動きも加速しており、リヒテンシュタイン公国の在り方についても考え方を改めなければならなくなる方向に、動き始めているという見方をする人も増えてきています。

事実として同国の制度を利用して、脱税を行った人物の集中湯的な摘発が、ドイツやフランスなどの周辺大国に加えてあまり科なども調査に加わる状況になっており、租税回避のための仕組みとして存在している同国の立場を容認しないという考え方が強まってきているのです。

そのため、今後の経済状況は、現在の仕組みがどのように発展していくかに、かかっていると言えるでしょう。