大学哲学部から名誉哲学博士号を与えられた作曲家

リヒテンシュタインは、数々の有名人の出身国として知られています。

特に有限名人が多いジャンルは、アルペンスキーです。

20世紀に入って発展したアルペンスキーは、雪の斜面をターンや直下を織り交ぜて下って行きます。

リヒテンシュタイン出身の有名な選手としては、ヴィリー・フロンメルト、パウル・フロンメルト、ハンニ・ウェンツェル、アンドレアス・ウェンツェル、マルコ・ビュッヘル、ウルズラ・コンツェットらが名を連ねています。

リヒテンシュタインの気候からも分かるように、優れたアルペンスキーの選手が育ちやすい環境にあります。

また、政治家としては、歴代の首相を務めたオットマール・ハスラー、クラウス・チュッチャーが有名人として挙げられます。

芸術の分野においては、バラック・ライディヒベルクという画家が活躍しました。

また、学問の部門ではヨアヒム・スタンフォールが物理学者としての功績を残しています。

音楽の分野で有名なのは、1839年に現代のリヒテンシュタインである。

ドイツ連邦に生まれたヨーゼフ・ラインベルガーが有名です。

彼は、 作曲家やオルガン奏者として広く活躍し、数々の美しい音楽を生み出してきました。

5歳から音楽教育を受け始め、7歳で協会のオルガン奏者になった彼は、作曲活動も始め、18551年にミュンヘン音楽学院に入学します。

また、後に同じくミュンヘン音楽学院にて、教授職を得ることにもなります。

1877年には、国王からの命により、宮廷楽長に就任します。

また、1899年には、ミュンヘン大学哲学部から名誉哲学博士号を与えられました。

このように、自分の作曲を貫いたというのみならず、広く周りからの評価を与えられた作曲家であり、オルガン奏者でした。

しかし、彼の名声は、生前の方が広く知れ渡った物であり、死後は忘れ去られてしまいます。

また、作曲の分野は多岐にわたり、宗教曲からオラトリオとカンタータ、オペラやジングシュピール、人の声による歌楽から、アンサンブルなどによる管弦楽曲まで、音楽のジャンルを超えて様々な部門に作品を残しています。

彼の奏者としての才能の開花であった、オルガン曲について多くの美しい楽曲を残しており、宗教曲としてくくることの出来ない味わい深い曲が作られました。

20曲ほどある彼のオルガンソナタは、バッハの曲よりも易しいペダリング使いで演奏することができるため、現代では学習用の曲としても用いられ、時代を超えて広く人々に演奏されています。